国際的

スタイル

ベネズエラで生まれたキャロライナ・ヘレラは早くから国際的な文化とファッションに囲まれて育ちました。13才のとき祖母に連れられてパリへ行き、クリストバル・バレンシアガのオートクチュールショーを観ました。彼女は優雅にこう語っています。「私の目は、美しいものを見ることが習慣化していったのです」.

スタイル

の表現

完璧な優雅さと時代を超越したスタイルで名声を得たキャロライナ・ヘレラは、1980年代に世界のベストドレッサーの1人として世に認識されました。彼女はスタイルの真の女王として、また芸術的ミューズとして、ポップアートのアイコン、アンディ・ウォーホールに影響を与え、世界で最も有名なカメラマン達によって写真に収められていきました。

ファッショ

ンデビュー

キャロライナ・ヘレラは、雑誌Vogueの伝説的編集長ダイアナ・ヴリーランドの励ましを得て1981年に自身初のカプセルをニューヨークで発表しました。初のランウェイは、ニューヨーク市のランドマークであるメトロポリタンクラブで開催されました。最初のコレクションは高い評価を受け商業的に大成功を収めました。こうしてキャロライナ・ヘレラのファッションハウスが誕生しました。

母と

国際的に有名なデザイナーであり4人の娘の母親であるキャロライナ・ヘレラ は、真に尊い女性です。彼女は、世代から世代へと受け継がれる豊かな歴史と伝統を築きながら、自身の家族を誇りをもって導いてきました。

キャロライナ・ヘレラ

・デ・バエス.

家族経営の企業の精神として、母と娘は密接に連携しています。キャロライナ・ヘレラ・デ・バエスは、Herreraのフレグランス部門のクリエイティブディレクターとして1997年から家業に参加しました。現在、彼女はCH CAROLINA HERRERAライフスタイルコレクションの象徴であり、また母親のアドバイザーでもあります。

才能

に対する賛辞

"ファッションにおける並外れた功績が称えられ、キャロライナ・ヘレラはさまざまな機会に表彰されています。最近では、スタイル・アワードのデザイナーオブザイヤーとファッショングループ・インターナショナルの2012年スーパースターアワードを受賞し、美術界における功績を称えるスペインのゴールドメダルも授与されました。 デザイナーとしての活動以外に、キャロライナ・ヘレラは世界レベルでの慈善活動に取り組んでいます。彼女は、米国がん協会および栄養失調に立ち向かう政府間機関の大使として活動しています。 "